東京→千葉→大阪→上海へ


by xiaotao_b

カテゴリ:こもも( 22 )

おいおい

こももの採血した日。
三日後、以下のコピーを2部づつ持って 血清証明書とりにくるように!

 **必要書類**
・パスポート ・ビザ ・航空券 
・検疫証明書(日本ですでに取ったもの) ・血清検査申請書(RIAS) 
・健康証明書(申肇医院で発行)

ということだったので 今度は書類受け取るだけだし サクッと終わるでしょ? と思い、
ちんたらバスに揺られて病院行った。


けど、この日はなぜか小型犬を連れた中国人が何人もいて ちょっと予定外。。 
病気で連れて来ているのか、何なのかわからないけど 点滴している犬もいて
なんとなくミミを連れてきてることに抵抗が、、、。

でもとにかく書類は受け取らねばならないので
その場にいる中国人にミミが触られないように。。と祈りながらしばし待つ。


ようやく私の番になり、持ってきた書類を渡す。
病院がこの日を指定してきたんだから てっきり血清証明書は出来上がってるものかと
思っていたのに それを持ってどこかにいなくなった獣医さん。


 おいおい、今から作るのか?! 

その後の予定を気にしつつ、待つしかないので待つ私とミミ。
案の定、近寄ってくる子供大好き中国人。
場所が場所だし、お願いだから触らないで~。。。祈る私。(ヒドイ?) 


やっと戻ってきた獣医さん。

  「 じゃあ、ここにサインして、、、 で、一週間後に書類取りに来て。 」


 
 おいおい!! 待たせた挙句、今日は出来上がらないのかっ!(汗汗)


採血した日に すでに提出するべき書類の原本は持っていたのに
なぜ3日後、この日を指定で来させたのか意味不明。。。

コピーとるのが面倒くさかったのか? 
他に理由があるのか??


  獣医 「 そういうモノだから 」 
 


、、、 ちっとも納得いかないんですけど!(怒)  
[PR]
by xiaotao_b | 2007-09-01 02:59 | こもも

がぶり!

今朝、こももを連れて病院いってきました~。

毎年一回 狂犬病予防と3種混合ワクチンを接種してるのだけど 
すでに準備してある ”日本へ連れて帰るための証明書” は 
そろそろ有効期限がきれてしまいそうなので 新たな証明書をゲットするために 
今回は血清も取ってもらいました。 これを持って 来月日本へ帰るつもり。

*帰国準備の流れ*

 マイクロチップの装着
      ↓  
 狂犬病予防接種1回目 
      ↓ 30日以上あけて
 狂犬病予防接種2回目 
      ↓ 2週間あけて
 採血、血清分離  
      ↓ 1週間後 
 血清証明書取りに行く 
      ↓ 
 血清を送付 
(中国には検査機関がない為、日本へハンドキャリー後クール便で発送)
      ↓ 1週間~1ヶ月後
 狂犬病抗体検査証明書ゲット♪ (2年間有効) 
      ↓ 
 180日の待機

まだまだ準備しなくちゃいけないものはあるのだけど
本帰国の予定があるわけではないので とりあえずここまでやっておけばOK。 
これで突然の帰国にも対処できます。


去年も予防接種した同じ病院。(申普寵物医院/肇嘉浜路361号)
なので病院の雰囲気なんかはわかっていたけれど どっぷり中国語な世界。
しかも一人。。

それに 予防接種後2週間あけてじゃないと血清は取ってもらえないところを
 また行くのは面倒くさいし~、、
 すでに来月の日本行きのチケット取っちゃったので2週間も待ってられないし~~、、、
ってな勝手な理由で、今日中に採血まで一気にしてもらうため 
あらかじめ使いそうな単語を調べて カンペ片手にいざ病院へ!

受付で一気に採血までやりたいというと 案の定、2週間あけなくちゃダメ!との返答。
でも めげずに粘ってみたところ 相手するのが面倒臭くなったんだか
受付のオバちゃんに とりあえず中へ入るよう指示される。

診察室でも カンペ見ながら 力説(のつもり)したところ 喋れないのが功を成して?
一気にやってくれることになりました♪ さすが中国、ゴリ押しが効くね。


病院ではいつもビビリのこももさん。
今日もいつものごとく シャーシャー言って威嚇しまくり。
凄むこももにやはりびびる獣医たち。 いつもの構図だね。。

じゃあ私が抑えるよーと手を出そうとすると 危ないから手を出すなという彼ら。。
いや~ あなたたちこそ気をつけたほうが、、、

と、思ったら、、、

  こもも 『 がぶり!』

やっぱり噛まれて 獣医一人負傷。。。あ。
そういや 日本で採血したときは麻酔したんだったね。。ははは(苦笑)


結局、試行錯誤ののち 男4人がかりでこももを押さえつけ
注射を2本。そして採血完了。

あとは3日後に 血清証明書を取りに行けば 血清を日本へハンドキャリーできるはず。

なんかひとまずどっと疲れたな。。 
私もこももも みなさんお疲れさんでした。





で、この間ミミさんは、、 と言うと アイさんと二人でお家で留守番。
アイさんに預けることにやや抵抗と不安があったけれど
帰宅したときには ご飯も食べて、ウンチもして、ぐっすり夢の中でした。。
さすが ベテラン^^
[PR]
by xiaotao_b | 2007-08-27 14:28 | こもも

J

いつのまにか J が消えました。。。

e0069898_18534240.jpg

                かまわず現場に近づく犯人。。。         
[PR]
by xiaotao_b | 2007-04-19 18:59 | こもも

新習慣

上海へ戻ってきてみたら、、、
e0069898_16525011.jpg

すっかり水道から水を飲む習慣がついてました。。。 
一応浄水器の水だけど中国の水、、、 大丈夫かしらん?と、いつも思う。。
[PR]
by xiaotao_b | 2007-02-11 17:01 | こもも

予防接種 

日本じゃ 年に一回 犬は狂犬病の予防接種あるけれど 猫はしなくていい。

でも ここは中国。
いつ何が起こるかわからない中国。。。。

なので こももは今のところ日本へ帰る予定はないけれど
出来るだけ いざというときなるべくスムーズに日本へ帰れるように
準備しておきたいのが親心。

上海で正式な証明書が出せる動物病院は2ヶ所だけらしい。


 A 上海出入境検験検疫服務中心 国立申普医院
 B 上海市畜牧獣医駅 寵物診療中心

ちなみに同じ予防接種でも AよりBのが 断然低料金で受けられるみたい

でも、不安がりの私は 日本人が多く行ってるって噂の
A 国立申普医院の徐匯分院 をチョイス。

だって ただでさえ中国獣医って怪しそうだからさー。
動物の命なんてどうでもいいような考えもってそうだし、、、少しでも安心が欲しいので。

そんなこんなで 雨の中 いざ病院へ。

今日はひとまず狂犬病の予防接種のみをするつもりだったのだけど
 「 3種混合ワクチンもやっちゃいなさいよ!セットで150元よ~ 」 と言われ
病院スタッフも 付いてきてくれたアイも みんな寄ってたかって
やっちゃえ!やっちゃえ!って感じ。 おそるべし中国。なんか適当な匂いがぷんぷん。。。

本当なら11月末くらいにやるべき3種混合ワクチン。
でも私はそのとき日本だし、、、 そんなら、、 あ、、、でも、、、 
狂犬病と3種混合、、 2種類同時に接種しても大丈夫なんだろか?
日本じゃ一緒に打たないほうがいいって聞いたことあるような、、ないような。。。?

あ、、、 でも、、、、




とりあえず 本当に今日、同時に2本打っても大丈夫か何度も何度も確認する私。

 病院スタッフ 「 問題ない問題ない♪」


問題ないって言っても 問題あるのが中国。。。 信用ならないのね。。。。
そう確認したって意味がないのはわかってる、、 そうは思ったけれど 
運は天に任せて 仕方なく2種類打つことに。
ああ 私ってけっこうヒドイ、、、、 



相変わらず毎度のことながら こももさんはビクビクしっぱなしのシャーシャー言いっぱなし。

若造獣医はそんなこももにビビッて なんだか超頑丈そうな手袋はめてきました。
そんなの見たらますます怖がるのにな。。

何度もこんなシチュエーションは見てるので 今回は私主導のもと
冷静にこももをケージから出し 頭に布をかぶせ なるべく怖がらないように 怖がらないように話しかけ、押さえ、そのすきに 若造獣医がブスっと2本接種。

こももは痛そうだったけど よくがんばりました!


帰宅後 注射の箇所が気になるのか ぺろぺろなめていたけれど
とりあえず今は 落ち着いていつもの窓辺でお休み中。

上海で動物病院デビュー。無事済んでなによりです^^
[PR]
by xiaotao_b | 2006-08-30 16:06 | こもも

ありえない。。

中国雲南省で 狂犬病対策として約5万匹の犬を一斉処分したって記事が載っていた。。。

しかも 野良犬だけじゃなく 飼い犬も飼い主の目の前で殴り殺されたりしていると出ていて 
本当に怖くなった。

ちょうど こももさんの狂犬病予防接種行かなくちゃな~~ と思ってたところだったので
余計に怖くなっちゃった。。。。 

何が起こるかわからない中国、、、、 なんかまだ怖くて心臓がバクバクしてる。。
[PR]
by xiaotao_b | 2006-08-01 11:18 | こもも

寝ぼけ

ますます暑い今日この頃。。。

妊婦も相当暑いけど 毛皮をまとったこももさんはさぞ暑いだろうね。

飼い主に似て(?) こももさんも毎日毎日ダラケて生活しているわけだけど
暑いせいもあって さらにだら~ん。。。。

こちらでだら~ん。。

あちらでだら~ん。。。


で、いつものように リビングのテーブル上を陣取って だら~んと寝てたんだけど
突然 「 うにゃ!!」 っと 変てこな声を上げて テーブルから落っこちた!?

そして 怯えるようにテーブル下へ。 

????




でもその目は 明らかに寝ぼけてるのね^^ zzzzzzz


きっと悪い夢見ちゃったんだろうなー なんか笑えるe0069898_11491047.jpg




                                        


                                        
                                               
                                        ↑とにかく あち~。。
[PR]
by xiaotao_b | 2006-06-28 10:50 | こもも

どうなるの

中国の法律は容赦なくコロコロ変わっていきます。。
そんでもって こんなことに↓なってしまったようです。。

上海入国管理局は2月13日から上海に持ち込めるペットはひとり一匹となることを発表した。動物による伝染病が国内に持ち込まれるのを防ぐために上海の入国管理局は持ち込まれるペットの検疫をさらに強化する予定である。この新しい規定によると持ち込めるペットは猫と犬に制限されている。持ち込む際ペットの健康証明書や予防注射の証明書などの書類が必要となる。指定された機関で統一された検査を受ける。もし証明書の不備などでペットを入国させることができない場合、7日間まで預かり期間が過ぎたら送り返されるか処分することになっている


噂では
書類が揃ってても 最低七日間の係留 (料金2000元!?) とか 一ヶ月係留だとも
言われていて 何が本当に実施されるのか真相がわからないけど 
少ない情報をかき集めてみても どうやらペットの入国条件が厳しくなったのは本当らしい。。。

JALも2006年4月から ペットの機内持ち込みを中止するらしいし(貨物は可)
ペットに関する対応がどんどん厳しくなっています。。


せっかく色々準備してきて 
こももも私たちと同じように日本と中国を自由に行き来できるかと思ってたのに

これじゃあ、こももと一緒に日本へ一時帰国なんてできませんっ!

中国のペットホテルでさえ信用できないのに 
お役所管理の係留なんて どう考えてもやばい気がするもん。。


そもそも 中国→日本なら厳しいのもわかるけど
狂犬病発生してない「日本」 → 狂犬病大国「中国」へ移動するのに 
そんなに厳しく取り締まる意味がよくわからない。。 

でも、この先どうなるのか見守るしかない、、 無力です。。
[PR]
by xiaotao_b | 2006-02-14 12:15 | こもも

一ヶ月後

上海に来て もうすぐ一ヶ月になるので 上海の動物検疫所の職員が
こももの健康チェックにやってきました。

 

 ぼん 「 どうせ数分でいいかげんに終わるに決まってんで~ 」

  私 「 そうかなあ? それならいいけど、、」



ぼんちゃんとそんなやり取りをしながら ドキドキしながら待っていると
予定時間より早く 職員がやってきました。


とりあえず 職員の言われるままに書類を記入。

中国入国後の健康状態、、、 
一週間後 OK 、、、二週間後 OK 、、、三週間後 OK、、、って 

まだ こももの姿さえ見せてないのに いいんでしょうか? 
しかも 何も異常ないですか~とか ちょっと見せてください~ とか 何もなし!


書類を記入しているあいだ中 
なぜか職員は 我が家に興味津々で 家賃はいくら? 家具はどこで買ったの? など 
とにかく家に関することを 根掘り葉掘りと ぼんちゃんに聞きまくっています。



、、、どうやら 色んな家へ行くせいか 家見るのが趣味らしいのね。。


 
 
 「 で、、、 こももは見なくていいの?」 一応こっちから言ってみたら

いかにも興味なさそうだったけど こももをチラッと見て

 職員 「あ~ 太ったいい猫ですね~」 だって。。



こんななら 一ヵ月後に来る意味ないよね? 

、、、、、、、、、、、なんかドキドキして待ってた私が馬鹿でした。。
[PR]
by xiaotao_b | 2006-01-15 18:43 | こもも

上海ネコ

 しばらくこももさんのこと書いてなかったので、 こももの上海入りのこと書こうかな。

12月17日出発当日。
関空のペットホテルにこももをお迎えに行くと、
すでにケージに入れられたこももさんが受付に待っていました。
受付のお姉さんの話では 
ずーっとシャーシャー言い続け、ご飯も食べずに一晩過ごしたみたいでした。

 「ネコはたいてい一晩じゃ慣れないから 仕方ないんですよー」 

と、言っていたけど なんだか少しやつれているような感じ。。 心が痛む。。 

こももさんは 私のことがわかると 安心したのか シャーシャー言うのをやめ、
擦り寄ってきました。 ごめんよーこもも。。 
でも浸ってる暇なんかありません、動物検疫所へ急がなくちゃ。
 
ペットホテルからは 同じ関空内と言いながらも、端から端へ行かなくてはいけないので大変。
しかも、動物検疫所は分かりづらいところにあり、 場所がわからずウロウロ。。。
途中、空港職員に場所を尋ねても わからないと言われ、重たいケージを抱えたまま、
さらにウロウロ。。。さまよいさまよいまくって 病院のような白い廊下を通り抜けていくと 
やっと動物検疫所に到着。
指定されていたチェックイン3時間前には 少し遅れちゃったけど
すでに検疫所にファックスしておいた申請書にもとづいて 輸出検疫証明書(英文)はほとんど仕上がっていたので 持参した各証明書を照らし合わせながら 最終確認するだけだったのでセーフ。。 検査官もとても感じのいい人で 私の質問にも誠実丁寧に答えてくれました。
最後に簡単なこももの健康チェック(ケージからも出さずに見るだけ)と 
マイクロチップの確認だけして 無事終了。

もっと大変かと思っていたのに 案外楽チンでよかった、よかった。。

またもや帰りも迷いながら 搭乗フロアへ。。 (もう少し何か目印つけてくれたらいいのにー!)
そして今度はJALのカウンターでチェックイン。
自分たちの荷物を預けチェックインを済ませて こももの入ったケージを計り、フライト料金¥9000を支払いました。。結構高いのね。。(貧)
でも、大型犬とかだとファーストクラス以上の料金かかるらしいからね。怖い怖い。。


で、後はいつもと同じく 搭乗ゲートに向かって いつも通りに飛行機に乗るだけ。

落ち着かなくてキョロキョロしていたこももさんも このころには少し落ち着いてきて
このままなら 初フライトも大丈夫そう♪

一応、他のお客さんもいるので 座席は後方に用意され、念のため 私たちの周りは誰も座らないように配慮されていました。 おかげで誰もネコがいるとは気づいてないみたいです。

ぼんちゃんと私の間が こももさんの席。
JALのお姉さんに ちゃんとシートベルトもしてもらって こももさんもすっかり乗客です^^ 
離陸時が一番心配だったのだけど 意外におとなしくしてくれました。
途中、ケージカバーの隙間から中をちらちら覗いてみたけど どうやら安心して眠ってます。 

案外、新幹線より飛行機の方が楽なのかなー、、、

と思っていたら やはり揺れには弱かった。。 気流のせいで飛行機が揺れだすと酔ってしまったらしく吐いてしまいました(泣) でも、何も食べてないので何も出ません。唾液のような胃液のようなものがタラーっと出るだけ。
気持ち悪いのを我慢している様子のこももさん。。 痛痛しい。。

それでも、なんとか無事到着して、いよいよ上海入り!

浦東空港の動物検疫は 入国審査後、ターンテーブルを通り抜けた先にありました。
ぼんちゃんに中国語わからないから 助けてほしいと言うと
 「英語で通した方が、中国人は面倒臭がって なんでも早く済ませるで~」 と、言うので 
2人ともインチキ英語で通すことに。

検査官はやる気のないふたり。
ひとりは若手、もうひとりはおっさんでさらにやる気がない。。 私が部屋に入っても 何もせずパソコンでつまんなそうにカードゲームをしてます。
若手くんは おっさんに仕事を押し付けられた感じです。。 
書類に新住所などを記入し、1ヶ月後に検査官が家にやってくることを説明され、170元徴収されました。 案外安く済んで ほっ。。。

ここでようやく ゲームを中断して おっさん登場。

こももを指差し リズムを取りながら 

 「「ぴゅいっ ぴゅいっ ぴゅいっ オッケー!」」





!???????????  

え~、、、、何じゃそりゃ~~ おっさんの仕事はこれだけか~



、、、、、、、、、、、、、ひとまず、こももはこんなで上海ネコになれました(笑)
[PR]
by xiaotao_b | 2006-01-04 14:29 | こもも