東京→千葉→大阪→上海へ


by xiaotao_b

聞くこと

ちっとも言葉がわからないのに 中国のテレビドラマを見るのが好きです。
お気に入りのドラマは うちのテレビが調子悪いうちに いつの間にか終了してしまったようで 
すごく残念だったのだけど、他のドラマでもなんだかついつい見てしまいます。

中国のドラマは ほとんどが字幕つきで、
中国語の音声なのに 中国語の字幕もついちゃってるので(なんでだろ?)
聞いてもわからない言葉でも 漢字を見比べられるので
話せない日本人にも なんとなくの内容は把握できちゃいます。


そしてちっともわからないのに なぜか中国のラジオも聞いてます。
日本じゃ車を運転するときくらいしか聞かなかったラジオなのに 
こっちに来てからは ほぼ毎日聞いています。
だいたいは中国ポップが流れてるような 音楽番組を好んで聴いてるだけなんだけどね。



そういや何かに 中国語を話せるようになるには 
「忘れること」と「聞くこと」が大事なんだって書いてありました。

何を覚えるにしても 7回「忘れる」と イヤでも覚えるもので、そういうふうに覚えたものは 
どんなに忘れたくてもなかなか忘れられないらしいのね。
覚えたっていうより 身についちゃって離れない感じ?
昔の彼の電話番号とか忘れたいけど 忘れられなかったりするのと同じことみたい。

そして「聞くこと」は 話すことより、読むことよりもずっと大切なんだって。
聞いてわかんなくても とにかくひたすら聞いてたら これまた自然に刷り込まれて 
自然に発音とかよくなっちゃうらしいのね。
覚えたくもないCMのメロディを自然に口ずさんじゃうのと同じことみたいよ。


そんなこと聞いたら 
あながち ただの楽しみでテレビを見たり、ラジオを聴くのも悪くないんだな。。
知らないうちに中国語習得術を実践しちゃってる私。。 (←やるじゃん♪)

でも、こんなで話せるようになるなら 誰も勉強しないよな。
それでも大抵の人たちは勉強するわけだから やっぱり勉強もしないといけないんだろうね。
[PR]
by xiaotao_b | 2006-02-17 00:35 | 中国語